消費者金融と銀行のサービスの違いは?

消費者金融とは貸金業者ですので、貸金業法に基づいて経営をしている会社です。貸金業者は消費者にお金を貸すことを専門としている会社ですので、お金を貸さないことには商売が成立しません。それゆえ、銀行と単純に比較するとキャッシング審査の難易度は低い傾向があります。また、消費者金融のキャッシング・サービスは、貸金業法によって定められている総量規制の対象となる会社です。
それに対して銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制の対象とはなりません。ですからカードローン商品はキャッシングとは違って、年収の三分の一を超えるお金を借りることも可能です。この総量規制の対象となるのかならないのかは、両社の大きな違いの一つと言えるでしょう。
それから両社の金利を単純に比較すると、消費者金融の金利のほうが少し高めに設定されている傾向があります。この金利というものは、実は審査の難易度が低い会社ほど高く設定されていることが多いのです。ですから消費者金融の金利は、一般的に、銀行よりも高いことが多いのです。
しかし、それでも審査の難易度は比較的低いので、銀行カードローンに申し込んだけれど審査に通らなかった人たちでも、消費者金融のキャッシングに申し込んだら無事に審査に通ることもあるのです。ですからこの点に着目すると、あまり属性が高くはない一般消費者にとっては、キャッシングは非常に人気が高いと言えるのです。逆に金利が比較的低いという点においては、カードローンのほうが人気が高いのです。