アコムとバンクイックの比較(後編)

各々の実質年率(金利)をみてみると、アコムが4.7%~18.0%、バンクイックが4.6%~14.6%となっています。消費者金融系カードローンの金利は、どこも18%前後となっており、銀行系カードローンに比べると高めに設定されています。金利の面でも、バンクイックがお得となっていますね。

また、提携ATMの利用手数料にも違いがあります。両者とも、自社ATMの利用手数料は無料です。しかし、提携ATMの利用手数料については、バンクイックが無料なのに対し、アコムは105円~210円かかります。多くのアコム増額利用者は、コンビニATMなどの提携ATMを利用することが多いことでしょう。少額のことではありますが、手数料が無料というのは、利用者にとっては重要なことですよね。ここでも、バンクイックがお得になっています。

総合してみると、全体的にバンクイックにお得感があります。そうなると、「アコムを利用するメリットはどこなの?」となりますね。
その点を重要視すると、申込の審査があげられます。バンクイックは銀行系カードローンなので、消費者金融系カードローンに比べて審査が厳しくなっています。審査に少しでも不安要素がある場合、例えば過去に返済が遅れたことがある場合などは、アコムを利用することをおすすめします。そういう方は、バンクイックよりも借入がしやすいと思います。

カードローンを利用するときは、自分の状況をきちんと見極めて、返済が滞りなくできるよう、自分に合ったカードローンを選択してください。